パキラ日記(期間限定)

沖セメのコンクリート製品事業部には観葉植物のパキラがあります。
毎年のように花を付けてくれるのですが、土日の週末に咲いては
週明けには枯れてしまうとても短命な花。
写真撮影もなかなかできませんでしたが、運良く平日に咲いてくれましたので
みなさんにも見ていただきたく、期間限定のページを公開します。

科属
パンヤ科パキラ属

■原産
 メキシコ

■特徴
 もともと水辺に自生する植物。
 幹は太くふくらんだ根元をもち、葉は掌状となる。
 自生地では高木となり、大きな花をつけ、種子が食用となる。

■育て方
 春から秋にかけて水を十分に与え、冬は乾かし気味にする。
 耐陰性があるので日陰にも置くことが可能。
 枝や幹をさし木として利用できる。

■パキラが好む環境の目安
・水(土の灌水適量状態をやや湿、乾燥ぎみの2段階に分類)・・・やや湿
・光(遮光率の割合で日なた、日陰、半日陰の3段階に分類)・・・日なた
・照度(人工光による補光、適正照度をルクスで表示)・・・・・・2000〜5000
・温度(枯れないための最低温度)・・・・・・・・・・・・・・・5度以上


2011年6月16日(木曜日)

  

左の写真の、白いひげのようなものが花です。3つ咲いていました。
右の写真の、鉛筆のようにとがっているのがツボミです。
3つのツボミがありましたが週末に咲いて、週明けには枯れてしまうかも。


2011年6月17日(金曜日)

 

 

左上 : 昨日はきれいでしたが、茶色くなってしぼんできました。
右上 : しぼんだ花の隣に新しく花が咲いていました。
左下 : 新しく咲いた花の拡大。放射状にピンと伸びています。
右下 : ツボミ。まだこれから咲く準備中。


2011年6月24日(金曜日)

 

左 : 新しく咲きました。
右 : 違うところにももう一輪さいています。


2011年6月27日(月曜日)


 

左 : 週明けには茶色くなってしまいました。
右 : 同じく、週明けには茶色くなってしまいました。


このページは沖縄セメント工業株式会社 コンクリート製品事業部により運営されています

沖縄セメント工業株式会社
コンクリート製品事業部

沖縄県中城村字添石 69-1(2F)
電 話 098-895-6609
FAX  098-895-6554
E-mail : info@ock-n.jp

ホーム